多面体にルビー、ピンクトルマリンの結婚指輪

こんにちは。結婚指輪手作りドットコム表参道本店スタッフ、倉田です。

本日いらっしゃいましたご夫婦は、多面体の結婚指輪を制作されました。

鏡面が沢山連なっているので、様々な角度に反射します。

作り方は、まず穴の空いたワックスで大きめの指輪を作ります。幅厚みを交互の削っていきますが、削りすぎてしまうと多面体を作る際に薄くなりすぎるので注意!

ものづくりがお好きなお二人は、トラブルなく削り出していきます。

次に、多面体を作っていきます。目の細かいヤスリで色んな角度に削っていくと、ピカピカな面が出来ていきます。

どの貴金属にするか想像しながら形づくっていきました。

なかなか思い通りの面出すことが難しいので、力の入れ具合ヤスリを当てる長さを変えながら、ベストな削り方を探します。

出来上がったのは、小さい面が びっしりつめこまれた丸みのある結婚指輪です。

IMG_2635

ご夫婦で相談しながら削っていったので、フォルムがお揃いの結婚指輪になりました。

貴金属はプラチナに決定。

奥様は内側にガーネット、外側にピンクトルマリンが入ります。多面体の中にピンクトルマリンが入るとどうなるか楽しみです。

ご主人様は外側にルビー。奥様のピンクトルマリンと同系色で並べた時に可愛いと思います。

1209n