手作りの良さ / 結婚指輪手作り Kobe

IMG_3491

皆様おはようございます。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

ラブラブ、素敵な1枚をありがとうございます。

お2人は「既製品も良いけれど、自分達で想いをこめて作り合う世界に1つだけの手作り指輪というのが凄く良いなと思いました」ということでご来店くださいました。

お2人が仰っていただいた様に、手作りの良さは「想いを込め合って作ることができる」「世界で1つのもの」「機械で沢山作られたものにはない温かみがある」…等だと思います。

そんなお2人、ダイヤモンドを1年に1石ずつカスタマイズで追加していきたいとのことで「平打ち」デザインの指輪をお選びになられました。

早速手作り制作に入ります。勿論ワックスは交換して作られることに。

まずは指輪の幅(高さ)を削りました。細すぎず、太すぎず、宝石がキラッと目立つ様にちょうど良い幅を目指して削っていきます。お2人とも沢山私にお話をしてくださりながらも、優しくとても上手に削っていらっしゃいました。その次は厚みを削ります。

全体の厚みが均一になるように、しっかりと目視しながら削っていきます。旦那様は今までずっと視力が2.0以上だそうで…その素晴らしい能力が生かされていらっしゃいましたね。羨ましいです。

可愛い奥様はその隣でうんしょうんしょと頑張って調節していらっしゃいました。

最後のスポンジやすりでは「すごーい…!つるつる!」と奥様が旦那様を褒めたり、アドバイスし合ったりし、仲良く完成させました。お2人の愛が沢山込められている素敵な平打ちデザインになりましたね。

お2人は金属をお揃いでPt900(プラチナ)に。また、お2人とも外側にダイヤモンドを入れ、刻印はお互いの名前を入れ合いました。

その晩は旦那様のお母様がご実家で明太子パスタを作ってお2人のご帰宅をお待ちしていらっしゃった様です。その日は1日中色々頑張ったお2人…お母様の美味しい明太子パスタが疲れた心体に沁みますね。

一日中、そして手作り制作も最後まで頑張りましたね。お2人とも、お疲れ様でした。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

1024 k