沢山作った中から1つ / 結婚指輪手作り こうべ

IMG_3403

皆様おはようございます。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作された素敵なお2人をご紹介いたします。

お2人は最初「作りたいかも」と思うデザインの写真を持ってきてくださり、ご相談をしてくださいました。手作りの工程、見た目、付け心地等を色々考えられたり、他のデザインも見たり…と沢山悩んだ結果、2回目のご制作の際には「とりあえず何個か作ってみて、出来上がりを見て考えよう」とのことでした。そんなお2人がいくつかお選びに(作られた)デザインは「甲丸」「ツチ目(多面体}」「彫り」等です。

皆様もご来店いただく際「デザインを決められない」「何個か作って考えてみたい」とのことでしたら、私スタッフにお伝えくださいませ。納得するまで皆様に付き添わせていただきます。

早速お2人は手作り制作に入ることに。まずは甲丸デザインを作っていきます。旦那様はプラモデル制作をやっていらっしゃったそうで、その能力が生かされ、とても上手に削っていらっしゃいました。奥様は相談時は少し「手作りに不安」なご様子でしたが、驚く程上手に削っていらっしゃいました。そんな上手なお2人でしたので、すぐに完成しました。朝から来ていただいたお2人は次のワックスを削る前に少しお昼休憩(インドカレー休憩)を取られ、戻ってこられた際に再び次のワックス(多面体)を削ります。

多面体の面作りの練習を先に行います。最初は少し苦戦していらっしゃったご様子ですが、練習を重ねていくと、こちらも同じく非常に上手に削っていらっしゃいました。

その後もお菓子を食べながら楽しく、少し平目の甲丸、彫り、削り彫り等色々作り、最終的にどの指輪にするか決められることに。頑張って作ったワックス達…愛着が湧いて中々選ぶことができなかったお2人ですが、最終的には一番最後に作った「甲丸・平甲丸」デザインをお選びになられました。

また、金属は最終的に奥様がCG(シャンパンゴールド)、旦那様がチタンをお選びになられました。

旦那様の外側にはマット加工も施されます。

朝から夕方まで、途中疲れながらもお互いを褒め合いながら作っていらっしゃったお2人。お2人の想いが沢山詰まった、手作りならではの素敵なものになりますね。完成が楽しみです。

私スタッフとも楽しいお話を沢山してくださりありがとうございました。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0905 m

最後に頑張った仕上げ / 神戸 結婚指輪手作り

IMG_3404

皆様こんばんは。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は以前ご相談で、今回はご制作でご来店くださいました。

前回はデザイン等もう少し考えよう…とのことで、色々写真を撮られ、お家でじっくりと考えられた結果「ねじりデザイン(甲丸ベースのものにねじり線が2本入っているもの)」を作られることに。

やる気を出して早速手作り制作に入ります。

まずは指輪の幅(高さ)を削ります。細めが好みとのことでしたので、そのご希望の細さになるまで狙っていきます。「優しく削るのがポイント」とお伝えさせていただいたのですが、それを忠実に…それ以上にお2人とも丁寧に慎重に削っていらっしゃいました。「まだかな」と何度も確認し、削りすぎないようにも気をつけていらっしゃいましたね。

幅(高さ)を削った後は厚みを削ります。先ほどよりも難しい工程になるので、お2人とも少しだけ苦戦していらっしゃったご様子でしたが、こちらも諦めずに最後まで頑張りました。

角を落として甲丸の形にし、スポンジやすりで全体を磨いた後は、早速ねじりの線を2本入れていきます。

本番前に練習を少し行いました。こちらも難しい工程になるのですが「うわー!」「あ!」とたまに叫びながらお2人とも練習を頑張っていらっしゃいましたね。お2人が叫ぶたびに私スタッフ少しドキドキしましたよ。これでもかと言うほど練習した後は早速本番に。

最後は目がしょぼしょぼしながらも、練習時のようにとても綺麗な線を引くことが出来ましたね。お疲れ様でした。

その後お2人は金属を奥様がPG(ピンクゴールド)、旦那様がWG(ホワイトゴールド)をお選びに。

PGとWGで可愛い素敵なペアの結婚指輪になりそうですね。

またいつでも宝石や刻印等カスタマイズしにご来店くださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0905 h

苦戦しながらも / 結婚指輪手作り コウベ

IMG_3400

皆様こんにちは。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

段々寒くなってきましたね。冬でも着込まないタイプなので、薄着で過ごしていたら昨日はさすがにお腹が冷えて、腹痛でしばらく苦しみました…皆様もお気をつけくださいませ。

さて、今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

旦那様は「どんなデザインでも良い、奥様に合わせる」とのことでしたので、奥様主体でデザインを考えていくことに。奥様は「シンプルが良いけれど、シンプルすぎるのも嫌だ。なにかワンポイントあれば良い」とのことで、色々ご覧になられていくうちに、甲丸ベースの指輪にねじり線が2本入ったものを気に入られました。そちらをお2人ともお揃いで作っていくことに。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作り合うことに。

「眼鏡を車に置き忘れてしまった」との旦那様。ぼやぼやして、かなり難しいと思いますが、最初の幅(高さ)を削った時点でとても上手でした。見えにくい中で、あんなにも上手に削るのは素晴らしいと思います。奥様もその隣でとても上手に削っていらっしゃいました。器用なお2人です。

お2人は今まで「芸術」に携わる機会が多かったようで、その経験が生かされていらっしゃいました。また、芸術に関する事で奥様と私スタッフで共通のものがあり、とても嬉しく思いました。

その後は厚みも削り、甲丸の形にして、スポンジやすりまで頑張った後は「ねじり線」を削っていきます。

先ほどよりも難しい作業になるので、最初はお2人とも苦戦していらっしゃいましたが、練習していくうちにとても上手削っていらっしゃいました。シュッとした線ができたところで完成です。お疲れ様でした。

その後お2人は金属をお揃いでCG(シャンパンゴールド)にお決めになられました。

実際に着けてみると意外と似合う…とのことでした。

最後の最後まで諦めずに頑張って作った指輪。お2人だけのスペシャルなものですね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0829 i

やっぱりお揃いで / 神戸 結婚指輪手作り

IMG_3398

皆様こんにちは。結婚指輪手作りドットコム  enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作された仲良しなお2人をご紹介いたします。

お2人は特にデザイン等まだお決まりでなかったご様子でしたので、サンプル指輪を見ながら少し悩まれることに。そのサンプル指輪の中から旦那様が引き寄せられるように、とあるデザインの指輪を手に取ってくださいました。そのデザインは「ミル打ち」が施されているデザインになります。

しかし奥様は甲丸の形が良い、旦那様は平打ちの形が良いとのことで、お2人ともベースは違う形になりますが、ミル打ちはお揃いで施すことに。(奥様の甲丸には中央部分に、旦那様の平打ちには上下部分に)

早速手作り制作に入ります。

まずは指輪の幅(高さ)から削ります。お2人とも私スタッフに写真を撮られるのに、少し恥ずかしそうにしながらも、落ち着いて上手に削っていらっしゃいました。

とてもラブラブ仲良しのお2人は手作り最中、お互いのワックスを確認し合い、お互いを褒め合っていらっしゃいましたね。

幅(高さ)の後は厚みを削り、奥様の指輪だけ角を落として甲丸の形にし、最後のスポンジやすりまで進みます。スポンジやすりでは旦那様が気になるところを最後の最後まで一生懸命、見えなくなるまで磨き続けていらっしゃいましたね。

仲良く褒め合い、頑張ったおかげで綺麗な甲丸・平打ちデザインの指輪が完成しました。

手作り制作最中から金属をとても悩んでいらっしゃったお2人。

最初はPt900(プラチナ)等も気になっていらっしゃいましたが、旦那様の焼けた格好いい肌に意外と「PG(ピンクゴールド)が似合う」とのことで、やはり仲良しなお2人はお揃いでPG(ピンクゴールド)をお選びになられました。可愛い奥様にもぴったりだと思います。

ミル打ちが施されることによって、より可愛く素敵な指輪になりそうです。

本当にラブラブだったお2人…これからもずっとお2人、そして新しいご家族と本日の様な仲良く楽しい日々をお過ごしくださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0828 s

お互いを褒め合う手作り / 結婚指輪手作り 神戸

IMG_3386

皆様こんにちは。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

もう11月後半ですね。時間が経つのは本当に早いですね。そう思うと人生も一瞬だなと思います。その一瞬の中で皆様それぞれベストパートナーを見つけられ…素敵ですね。

さて、今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は1週間前にご相談で来てくださり、今回はご制作でご来店くださいました。

前回気に入られた指輪のデザインは奥様が「甲丸」、旦那様は「甲丸」か「平打ち」で悩んでいらっしゃいました。そして今回、変わらず奥様は甲丸をお選びになられ、旦那様もお揃いで甲丸を最終的にお選びになられました。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作り合いました。

まずは指輪の幅(高さ)から削ります。細めが好みということで、希望する幅(高さ)になるように削っていきます。私スタッフのアドバイス通り、お2人はとても優しく丁寧にヤスリを扱い、ワックスを削っていらっしゃいました。削りすぎないように何度も確認を重ね、少しずつ頑張っていらっしゃいましたね。とても上手でした。

幅(高さ)を調節した後は厚みを削ります。全体が均一になるようにワックスを見ながら、かなり優しく削っていらっしゃいました。途中で旦那様が「ぼんやるする…」と疲れ目になっていらっしゃいましたが、諦めずに頑張っていらっしゃいましたね。

角を落とした後は、おなじみのスポンジやすりです。磨いて段々と綺麗になっていく最中に、お2人は「すごい」とご自身を、そしてお相手のことをそれぞれを褒め合っていらっしゃいました。

頑張ったおかげでコロンとした可愛い甲丸リングが完成しました。

金属を奥様がCG(シャンパンゴールド)、旦那様がPt900(プラチナ)をお選びに。

終始お互いを気遣い、褒め合い…と、とても素敵な仲良しなお 2人です。これからもそんな思いやりのある、優しくて仲良しのお2人でいてくださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0821 m

少し味のある / 結婚指輪手作り こうべ

IMG_3379

皆様おはようございます。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

どしゃぶりの中ご来店くださったお2人。デザインはまだ決まっていないとのことでしたので、サンプル指輪を見ながら色々決めていくことに。シンプルな甲丸や平打ちをご覧になられた後「何か少し味があるやつがいい」と仰ってくださったお2人。最終的にはフチ加工がついた少し味のある格好良いデザインをお選びになられました。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作り合うことに。

フチ加工は指輪が金属になった後で職人が手作業で加工するので、お客様に作っていただく形は「平打ち」デザインとなります。

まずは、幅(高さ)を削っていくことに。奥様は少し細め、旦那様はある程度幅を残したいとのことでしたので、それを目指して削っていきます。

その日は大雨で、湿度も高くどんよりした感じでしたが、お2人とも一生懸命お互いのワックスを削っていらっしゃいました。削りすぎないように何度も確認を重ね、綺麗に仕上げていらっしゃいました。幅(高さ)を削った後は厚みです。目がしょぼしょぼしながらもお2人ともしっかりと集中し、ここでも上手に削っていらっしゃいました。たまに遠くの緑を見て、目を休めていらっしゃった奥様…頑張っていらっしゃいましたね。

スポンジやすりではお2人とも「これでもか」というほどツルピカに磨いていらっしゃいました。「これ楽しい」と旦那様ポソっと仰っていらっしゃいましたね…

手作り制作中、金属をどれにするか悩みに悩んでいらっしゃったお2人。実際に着けてみたり、相談をしっかりし合った結果、お2人ともPt900(プラチナ)をお選びになられました。

また、フチ加工の間にはマット加工を施すことに。さらに、表面部分には奥様がダイヤモンド、旦那様がブラックダイヤの宝石が1石ずつ入ります。

かなり豪華で格好いい、シンプル目ですが少し味のある素敵な指輪になりそうですね。

大雨の中よく頑張りました。お疲れ様でした。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0817 k

好きな色と記念月の宝石 / 神戸 で 結婚指輪手作り

IMG_3378

皆様こんばんは。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作された素敵なお2人をご紹介いたします。

お2人はシンプルな甲丸が良いなと事前に考えていらっしゃったようですが、実際の指輪を見ると少しだけ悩まれました。ですが、やはり気に入ったものは変わらず、甲丸デザインの指輪を作っていくことに。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作り合うことに。

まずは指輪の幅(高さ)を削ります。お2人とも細めの指輪が好みということでしたので、なるべく細めに、しかし削りすぎない様に慎重に進めていきます。お2人とも良いところでストップしてくださいました。少し緊張しながらもとても上手に削っていらっしゃいましたね。

幅の次は、厚みです。全体が均一な厚みになるように、しっかりと見ながら削っていきます。幅(高さ)より厚みの工程の方が少し難しいのですが、お2人にとっては逆で、幅(高さ)以上により上手に削ってくださいました。ほとんど均一に仕上げられましたね。素晴らしいです。

その後は角を削って甲丸にし、スポンジやすりに入ります。この2つの工程中にハプニングが3度起こってしまいましたが…お2人とも落ち込みすぎずに最後まで諦めず頑張りました。

そのおかげで細めの可愛い甲丸デザインの指輪が完成しました。お疲れ様でした。

お2人は金属をお揃いでWG(ホワイトゴールド)に。

また、誕生石かブラックダイヤを入れたらどうかな…とのことでしたが、旦那様ご自身の誕生石の色があまり好きではなかったようで…その代わりに記念月の赤い「ルビー」をそれぞれ1石ずつ外側に入れられることに。赤色は好きな色でもあるそうで…ちょうど記念月の宝石(誕生石)と好きな色がマッチして良かったです。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0816 y

2度目のご来店 / 結婚指輪手作り Kobe

IMG_3370

皆様こんにちは。結婚指輪手作り.com enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は以前、婚約指輪を作りにご来店くださり(その時のブログ)、今回は結婚指輪を作りに来てくださいました。前回と同じくもの凄く良い笑顔ですね。笑顔が良い方は本当に素敵ですし、羨ましく思います。

前回婚約指輪を作りに来てくださった際に、今回制作した結婚指輪のデザイン等も大体決めていたので、早速手作り制作に入ることに。

お2人がお選びになられたデザインは「平打ち」デザインになります。

まずは幅(高さ)を削りました。旦那様は前回も幅(高さ)を上手に削っていらっしゃったので、今回も同じくとても上手に削っていらっしゃいました。前回は婚約指輪を旦那様が奥様に作り、奥様は手作り制作されなかったのですが、練習だけ少し体験していただきました。その時の練習が生かされていましたね。

幅(高さ)の次は厚みを削ります。厚み削りは少しだけ苦手な旦那様。今回も少し苦戦しながら、集中して頑張っていらっしゃいました。とても明るい旦那様ですが、手作り制作中は毎回無言で取り組んでいらっしゃいます。オンオフの切替が素晴らしいですね。その横で、明るい奥様はたまに独り言をいいながら楽しそうに削っていらっしゃいました。

厚みも調節できた後はしっかりと確認を行い、スポンジやすりの工程に。

前回スポンジやすり職人だった旦那様、今回もスポンジやすり職人になってツルツルになるまで頑張っていらっしゃいました。これで旦那様も、今日からスポンジやすり名人ですね。その横で奥様は目をしょぼしょぼさせながらも、諦めずに最後まで頑張っていらっしゃいましたね。重量計測はお馴染みで、非常に盛り上がりました…

今回はお2人ともお揃いでWG(ホワイトゴールド)をお選びに。刻印は色々考えた結果、長めに入れられました。前回手作りされた可愛い婚約指輪と重ね付けする予定とのことですが、イメージしただけでもとても素敵なセットになるのが分かりますね。

とても明るく、楽しいお2人。面白楽しい時間を3度も共に過ごさせていただきありがとうございました。これからもそんなお2人でずっといてくださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0814 i

チタンでオリジナル / 結婚指輪手作り こうべ

IMG_3369

皆様おはようございます。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は既に作りたいデザインが決まっていらっしゃったようで、そちらの画像を見せてくださいました。そのデザインはハートの模様が削り彫られているものです。

画像の指輪は平打ちデザインでしたが、お2人は多面体を気に入られていらっしゃったので、多面体の指輪にそのハートの模様を削り彫ることに。また、お2人はチタンをお選びになられました。

早速手作り制作に入ります。

まずは多面体の面作りの練習を行いました。ザラザラした多面体に決められたので、荒めのヤスリで削っていきます。お2人とも練習時点で大きめのとても格好良い面を作っていらっしゃいましたね。「良いんちゃう」と奥様、ご自身のことを褒めていらっしゃいました。確かにとても上手でした。

練習が終わったところで、厚みを削ってリセットし、早速本番に入ります。練習時よりもワックスが薄くなったので緊張しますが、お2人とも一瞬で格好良い面を練習時のように作っていらっしゃいました。とても器用なお2人です。

その後は大事なハートの削り彫りを作っていきます。お2人の指輪をくっつけてハートをペンで描き、それに合わせて削っていきます。表面が多面体の面でぽこぽこしているので、描くのが難しいのですが、旦那様が何度も頑張って描き直して、可愛い形のハートを描き上げました。

そちらを基準に、早速削り出します。「難しい」と仰っていらっしゃいましたが、かなり綺麗なハートを削っていらっしゃいました。

最後は2つ合わせながら微調整を重ね、完成です。2つ合わせると削られた空間部分がハートの形になります。

その後は裏側にご自身でイニシャルの彫りも入れられました。またマット加工も施されることに。

チタンの素材で、デザインをこだわり、2つ合わせないと分からないシークレット模様…と指輪の全てがお2人オリジナルですね。難しい工程も最後までよく頑張りました。お疲れ様でした。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0814 a

ずっと着けていく指輪 / 結婚指輪手作り 神戸

IMG_3351

皆様おはようございます。結婚指輪手作り.com enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人はデザイン等まだ悩み中とのことでしたので、私スタッフとどんな指輪にするか決めていくことに。ずっと着けていく結婚指輪…なので着け心地や自分に合う合わない、好み等色々な面から考えられた結果、お2人は「平打ち」デザインをお選びに。

全身黒でトータルコーディネートしていらしゃったクールなお2人に、ぴったりの形だと思います。

早速手作り製作に入ります。ワックスは愛を込めて交換して作られることに。

まずは指輪の幅(高さ)を削ります。どのくらいの幅(高さ)が好みかお互い確認をまずしました。旦那様が奥様に「普通くらいで…」と難しいご要望を。「どのくらい分からないよ」と奥様。もう少し分かりやすくご説明いただき、そちらの幅(高さ)ぐらいを目指します。

私スタッフの説明をしっかりと聞いてくださったお2人。最初から最後まで製作中はほとんど喋らずに、物凄い集中していらっしゃいました。一生懸命なお2人の姿…少し可愛かったです。

奥様も旦那様もとても上手に削ってくださったので、幅(高さ)、厚みまでスイスイ進み、最後のスポンジやすりに。

スポンジやすりは少し根気が入りますが、お2人とも途中で投げ出さずに最後まで一生懸命でしたね。そのおかげでとても綺麗で格好いい平打ちデザインの指輪が完成しました。頑張りましたね。

その後お2人は金属をWG(ホワイトゴールド)でお揃いに。金属の色もお2人の服装にぴったりだと思います。

手作り製作終了後の帰り道。お2人の姿を角まで見送らせていただきましたが、途中で楽しそうに笑いながらじゃれ合っていらっしゃって微笑ましい気持ちになりました。これからもそんな仲良しのお2人でいてくださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0809 m