にぎやか手作り / 結婚指輪手作り こうべ

IMG_3292

皆様おはようございます。結婚指輪手作り.com enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人ともデザインや金属等どんな指輪にするか、まだかなり悩まれていらっしゃったご様子で、とりあえず当店にあるサンプル指輪を見ながらイメージを固めていくことに。

甲丸や平打ち、ねじり、ツチ目等色々見ていくうちに、お2人ともシンプルデザインを比較的好まれ、最終的に「甲丸」か「平打ち」で悩んでいらっしゃました。

その後、ご自身の指につけられた際の見た目、付け心地等トータルで考え、最終的に「甲丸」デザインをお決めになられました。

早速手作り制作に入ります。

少し緊張気味だったお2人ですが、最初の幅(高さ)を削る工程からとても優しく、素晴らしい力加減で削っていらっしゃいました。段々慣れていくうちに、優しくかつ素早くといった感じでスイスイと進めていらっしゃいましたね。途中手作り制作をしながら、私スタッフとお2人の趣味・好み等が同じことが判明し、沢山沢山お喋りもしていただきました。楽しくにぎやかにお話しをしながらも、お2人とも集中する時はしっかりと集中し、一生懸命削っていらっしゃいました。流石ですね。

厚み、角落としの後は最後のスポンジやすりです。指輪全体がツルツルになるように、細かい跡や甲丸の丸み加減までこだわって、最後の最後まで磨いていらっしゃいました。

その頑張りが実って、最終的にとても可愛い甲丸指輪が完成しました。お疲れ様でした。

手作り途中、当初とは違う金属に心が傾いていたものの、最後は最初から決めていらっしゃったPt900(プラチナ)をお2人ともお選びに。

刻印は感謝の気持ちを込めて、とある言語の素敵な単語をお2人とも入れ合われました。

途中私スタッフの好きな音楽も流してくださったお2人…もしかしたら今頃、芸術的なメタラーにお2人もなっていますでしょうか…またいつでもお越しくださいませ。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0601 o

シンプルにまとめる / 結婚指輪手作り こうべ

IMG_3286

皆様こんばんは。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は「なるべくシンプルなものが良いです」と好みがはっきりとしていらっしゃるご様子でした。シンプルデザインといえば「甲丸」と「平打ち」ですが、どちらの指輪にするか、はたまた少しだけ個性的なツチ目にするか、実際にサンプル指輪を見て少し悩んでいらっしゃいました。

最終的には着け心地、作り易さ、好み、一生着けること等を考慮し「平打ち」デザインを作られることに。

手作り前から少し不安そうな旦那様、それと対照的に「ここはこう削って進めていけば良い、簡単だ!」と手作り制作に慣れてワクワクしていらっしゃる奥様。手作り前からお2人それぞれの個性が見られて面白かったです。そんなお2人早速手作り制作に入りますが、頭の中で計画立ててワクワクしていらっしゃった奥様はやはりとても上手でスイスイと削っていらっしゃいました。「もうプロみたいやん」と旦那様が奥様に何度も仰っていらっしゃいましたね。旦那様は少し緊張していらっしゃるようにも見えましたが、不安になられる要素は一つもなく優しくとても上手に削っていらっしゃいました。お2人で楽しくお話しをしながらも慎重に進めていかれ、とても格好いい平打ちデザインの指輪が完成しました。

そんなお2人、金属はお揃いでWG(ホワイトゴールド)をお選びに。

シンプルでまとめるということで、金属のみでの完成となります。WG(ホワイトゴールド)の綺麗な色が強調され、シンプルに格好良い素敵な結婚指輪ですね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0530 o

2人にしか作れない / 結婚指輪手作り Kobe

IMG_3287

皆様こんにちは。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人はご希望される指輪のデザインが既に決まっていらっしゃり、そちらの画像を見せてくださいました。そのデザインは「ツチ目(多面体)」です。比較的小さめの細かい面がランダムに繋がった可愛らしい素敵なデザインになります。早速手作り制作に入ることに。

ワックスを交換して作ることはご来店前に決められていた様で、即座に交換していらっしゃいました。手作り指輪の良いポイントの1つ「交換して作り合う」ですが、大好きな相手が自分の為に一生懸命作ったという、その痕跡や想いが自分の指輪に一生詰め込まれます。その人にしか作れない、その時にしかできない…その奇跡が連なってできる1つの指輪。とても素敵なものだと思います。

まず、お2人は多面体の面作りの練習を行いました。最初は少し緊張していらっしゃったお2人ですが、お互いに「どうかな」と照らし合わせ、相談し合いながら段々とコツを掴んでいらっしゃいました。とても上手でしたので、イメージ通りの細かい可愛い多面体が練習時点でできていましたね。

その後は幅(高さ)と厚みを整え、角を落とした後、本番に。ワックスが折れないように、お2人ともかなり慎重に削っていらっしゃいましたね。丁寧に頑張ったおかげで、とても可愛い多面体が完成しました。

お2人は金属をお揃いでPt900(プラチナ)に。刻印も内側に入れてお2人だけの指輪が完成しました。

完成後はお2人が頑張って作った細かくて小さめの多面体の面がキラキラとさりげなく輝いて、とても可愛い指輪になると思います。可愛いお2人にぴったりです。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0530 i

それぞれの好みで / 結婚指輪手作り Kobe

IMG_3281

皆様こんにちは。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人はご来店時、特にデザイン等はお決まりでなかったご様子でしたので、サンプル指輪等を見ながらどんな指輪にするか決めていかれることに。色々なデザインを見ていく中で奥様はねじりデザインを、旦那様は甲丸を最終的にお選びになられました。奥様はねじりの「見た目の雰囲気」をとても気に入られていらっしゃいましたね。旦那様は甲丸の「着け心地」を一番気に入られていらっしゃいました。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して手作り制作されることに。

お2人とも形が違うので、それぞれ工程が違います。奥様は早速ワックスを削り、旦那様はワックスにペンで削る・削らない部分の印をつけます。奥様も旦那様もとても器用でいらっしゃったので、スイスイと次の段階に進んでいきました。金属選びや写真撮影等の間休憩も挟みながら、奥様が先に完成されました。シュッとした美しい甲丸の指輪になりましたね。最後のスポンジやすり中は「ふん…」とたまに一呼吸して、少しお疲れになりながらも頑張りましたね。

旦那様は全体を整えた後、ねじりの一番大事な正面部分をヤスリで流れるように削り、完成です。ねじりデザインを手作り制作するにあたって最初は少し不安そうな旦那様でしたが「いや、チャレンジする」と奥様への強い愛を源に最後まで頑張りましたね。

その後お2人は金属をPt900(プラチナ)でお揃いに。

また、旦那様が頑張って作った奥様の指輪のねじり正面部分に5石のダイヤモンドを入れられることに。5石のダイヤモンド…豪華で美しい指輪になりそうですね。可愛い奥様にとても似合われると思います。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0523 m

明るい指輪制作 / 神戸 結婚指輪手作り

IMG_3279

皆様こんばんは。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

最近は涼しく夏がやっと終わったと思いきや、また8月後半から暑くなる…と気温の差が激しいですね。皆様体調管理にお気をつけください。

さて、今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介させていただきます。

お2人はなるべくシンプルなものが良いとのことで「平打ち」デザインか「甲丸」デザインか悩まれることに。着け心地や奥様が着けていらっしゃる可愛い婚約指輪との重ね付け等を考慮した結果、「甲丸」指輪をご制作されることに。

コロンとした可愛い甲丸を目指して早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作られることに。まずは指輪の幅(高さ)を削ります。削りすぎないように「まだかな」と何度も何度も確認をしていらっしゃったお2人。とても上手に削っていらっしゃったので、すぐに幅(高さ)の調節が終わりました。その次の厚みを削る工程では、均一な厚みになるように目を凝らして少しずつ削り、ここでも削りすぎないように慎重に進めていらっしゃいましたね。角を落として甲丸の形にした後は最後のスポンジやすりです。ヤスリの跡が無くなるように、優しく表面と側面を磨きます。全体的にツルツルになったところで完成です。

お2人はお揃いでPt900(プラチナ)をお選びになられました。

指輪のデザインを決める際や、サイズ測り、手作り制作、完成後までとても仲良しでツッコミとボケ(?)が炸裂する明るくて楽しいお2人。私スタッフとても楽しい時間を共に過ごさせていただきました。これからも完成する指輪と共に、明るくて楽しい日々をお過ごしくださいね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0522 h

ねじり線で味を出す / 結婚指輪 手作り こうべ

IMG_3280

皆様おはようございます。結婚指輪手作り.com enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は「ねじり」デザインに興味があるご様子でしたので、ねじりデザインの指輪をメインにどんな結婚指輪にするか決めていかれることに。色々な種類のねじりを見ていく中で、手作りのし易さ、付け心地、見た目の印象、婚約指輪との重ね着け等を考慮した結果、お2人は甲丸ベースの形にねじり線が2本入った、柔らかなねじりデザインの指輪をお選びになられました。

早速手作り制作に入ります。ワックスは交換して作られることに。

まずは指輪の幅(高さ)から削りました。開始前、手作り制作をご自身がしっかりできるか少し不安、緊張していらっしゃったお2人でしたが、そんな不安は全く必要ないほど上手でした。

緊張しながらも、しっかりとワックスを都度見て確認し、丁寧に優しく削っていらっしゃいましたね。幅(高さ)が調節できたところで、厚みを削ります。

「削りすぎないように」をお2人とも一番意識し、全体が均一な厚みになるように慎重に削っていらっしゃいました。その後角を落としてスポンジやすりで磨いた後、ねじり線を入れました。

お2人とも沢山練習したおかげで、本番ではとても綺麗なねじり線を削ることができましたね。難しい工程ですが、緊張しながらも最後まで諦めずに頑張りました。

その後お2人はお揃いでPt900(プラチナ)をお選びに。

奥様の外側にはダイヤモンドが3石がねじり線の間に輝きます。

折角の手作りだからワンポイント入れたいというお2人の強い想いが難しい工程を乗り越えましたね。お2人のその想い…指輪にしっかりと込められていると思います。世界に1つの、お2人だけの結婚指輪です。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0522 k

インフィニティ指輪 / 神戸 結婚指輪手作り

IMG_3278

皆様こんばんは。結婚指輪手作りどっことむ enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介させていただきます。

お2人は既に作りたいデザインが確実に決まっていらっしゃったご様子で、そちらの写真を見せてくださいました。そのお2人が希望していらっしゃったデザインは、2人の指輪を重ねると∞(インフィニティ)の形になるものです。指輪を重ねて上から見ると、ぐるっと指輪の厚み部分が∞(インフィニテイ)の形になります。

早速お2人とも気合いを入れて手作り制作に入ります。

まずはペンで削る部分、削らない部分を印付けて分かりやすくなるよう準備します。その後早速削っていきました。ヤスリの平部分をしっかりとワックスに垂直にあてて、空中で見ながら削り出していきました。難しい作業になりますが、お2人とも慎重さを忘れず、とても上手に削っていらっしゃいました。その後は厚みを削り、インフィニテイの形に近づくように微調節を重ねました。

最後の紙ヤスリとスポンジヤスリではお2人とも折れないように緊張しながらも、最後の最後で素晴らしい才能を発揮させ、職人のように磨いていらっしゃいました。旦那様は見本のワックスまでツルツルに磨いてくださいました…ありがとうございます。全体的な微調整をし、しっかりと最終確認をし、完成です。難しく、大変な工程もございましたがお2人とも最後まで頑張りましたね。

その後お2人は金属を奥様がLG(ライムゴールド)を、旦那様がWG(ホワイトゴールド)をお選びになられました。また、それぞれの指輪を重ねてインフィニティの形にした時、お互いの指輪がくっつく辺りに奥様はダイヤモンドを、旦那様はアクアマリンを入れられることに。

完全にオリジナルのお2人の頑張りと想いが沢山こめられた、可愛くて素敵な結婚指輪ですね。

 

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0518 f

悩む結婚指輪 / 手作り 結婚指輪 こうべ

IMG_3270

皆様こんばんは。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

お2人は「こんなのが良いかな」という指輪のデザインを最初に見せてくださいましたが、まだデザイン等悩んでいらっしゃるご様子でした。付け心地や好み等全体的に考えられた結果「甲丸」にねじり線が2本入ったものを最初は気に入られお作りになられることに。

早速手作り制作に入ります。

まずは指輪の幅(高さ)を削りました。お2人とも少し緊張しつつも、とても上手に削っていらっしゃいました。削りすぎていないか心配しつつ何度も確認を重ね、丁度良いところでストップをしてくださいました。次の厚みでも削りすぎないように、とても丁寧に進めていらっしゃいました。角を落として甲丸にし、スポンジやすりで磨いたところで、デザインを再び悩んでいらっしゃったので、後悔のないよう完成する前に「これだ」という指輪デザインを決めることに。

最初に決められた「甲丸にねじり線」、線なしのシンプルな「甲丸」、「ねじり」、「甲丸に削り彫り模様」と、どれにするか奥様旦那様共にとても悩まれました。特に奥様がより悩んでいらっしゃいました。

婚約指輪との重ね付け、見た目の印象、ずっと着けていくこと等を考え、旦那様に見てもらったり、奥様のお母様に電話して聞いてみたり…と沢山悩まれました。

最終的に奥様はシンプルな「甲丸」デザインをお決めになられ、旦那様は太い斜めの削り彫りの線が1本入ったデザインにされることに。

旦那様の削り彫りの線のみ手作り作業が残る形になったので、最後に奥様が一生懸命その形を削り出しました。少し難しい作業でしたが、諦めずに最後まで頑張りましたね。

そんなお2人、金属は奥様が¥はCG(シャンパンゴールド)、旦那様はPt900(プラチナ)をお選びになられました。また奥様の外側にはダイヤモンドの”星”…宝石が1石入ります。(途中、頑張りすぎて疲れた奥様が宝石を”星”と何度も仰っていらっしゃったのが可愛かったので真似しました。)

最後の最後まで考えるのも、難しい削り彫りの手作り工程も諦めずに頑張ったお2人。

お2人のその頑張った分の想いと時間が指輪にしっかりと込められていると思います。お2人だけの、世界で1つの結婚指輪ですね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0504 t

こだわり詰まった / 結婚指輪手作り 神戸

IMG_3269

皆様おはようございます。結婚指輪手作りどっとこむ enishi 神戸店のスタッフです。

今回はこちらの結婚指輪をご制作されたお2人をご紹介いたします。

ご来店時、お2人ともデザインや金属等特にまだお決まりでないご様子でしたので、当店にあるサンプル指輪を見ながらどんな結婚指輪にするか決めていくことに。

幅広の指輪が元々お好きなようで、結婚指輪も幅広にしたいとのことでした。幅広をメインに考えた結果、お2人がお選びになられたのは「フチ加工(上下)」+「マット加工(半周)」のデザインです。

サンプル指輪の中にあるフチ加工の指輪をご覧になられて大変気に入られたご様子でした。

早速やる気を出して手作り制作に入ります。仲良しのお2人はワックスを交換してお作りになられました。

まずは指輪の幅(高さ)を少し削ります。お2人が1番こだわりを持っていらっしゃる部分になりますので削りすぎないように気をつけて進めていきます。奥様はワイルドに、旦那様は繊細に、それぞれ全く違った感じでお2人とも頑張って削っていらっしゃいました。そんな全く違った削り方でしたが、お2人ともとても上手に幅(高さ)を調節されました。

次の工程の厚み部分も奥様はワイルドに、旦那様は繊細に調節され、かなり上手に厚みも整えられました。

その後は幅(高さ)をより調節し、スポンジやすりで表面をツルツルになるまで磨き、しっかり最終チェックをして…完成です。お疲れ様でした。

そんなお2人、金属はお揃いでLG(ライムゴールド)に。

手作り制作の最中にお2人は手書きレーザー刻印の内容も考え、書かれました。ササっと書かれたサインのような格好いい手書きの刻印です。

完成する指輪にはフチ加工が上下に、マット加工が半周施されます。幅広にしたことや、お互い作りあったこと、オリジナルの手書きレーザー刻印等お2人のこだわりと愛が沢山詰まった素敵な結婚指輪ですね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0504 s

悩んだ結果 / 神戸 結婚指輪 手作り

IMG_3262

皆様おはようございます。結婚指輪手作りドットコム enishi 神戸店のスタッフです。

本日も暑いですね。皆様もうすぐ夏休みでしょうか。工房内は涼しくしておりますので、是非皆様涼みながら手作り製作をしにご来店くださいませ。

さて、今回はこちらの結婚指輪をご制作された素敵なお2人をご紹介いたします。

ご来店時お2人は奥様が「甲丸」、旦那様が「ツチ目」デザインの指輪を作りたいと仰ってくださいましたが、もう少しデザイン等納得されるまで悩まれることに。その後お2人で何度も何度も確かめ合い、悩みに悩んで考えられた指輪は半分「甲丸」、半分「ツチ目(多面体)」のデザインです。

早速手作り制作に入ります。ワックスはご自身でそれぞれお作りされることに。

まずは多面体の面作りの練習をしました。ポイントを忘れずに、実際に練習に入られたお2人。

力加減を上手く調整し、とても可愛い面を沢山お2人とも作っていらっしゃいました。

練習後は多面体をリセットして形を戻すために、幅(高さ)と厚みを削りました。角を落として全体を甲丸にした後は、スポンジヤスリで全体を磨きます。半分はツチ目(多面体)になるので、もう半分の甲丸側をよりツルツルに磨き上げました。

そして、多面体の本番。緊張する瞬間ですが、お2人とも力を入れすぎずに削り、練習時よりも細かめのより可愛い多面体を作り上げました。頑張りましたね。

その後お2人は金属を奥様がCG(シャンパンゴールド)、旦那様がPt900(プラチナ)をお選びになられました。

多面体側でキラキラと輝き、甲丸側で落ち着いた印象の2つの味があるリバーシブルの素敵な指輪です。金属がお2人とも色違いなので、それぞれ印象が変わって素敵なペアになりそうですね。

この度は当店にご来店くださいまして誠にありがとうございました。

お2人の幸せを心からお祈りいたします。

 

0425 i