重ねて絵になる結婚指輪

こんばんは。結婚指輪手作りドットコム表参道本店スタッフの倉田です。

本日は、平甲丸リングを制作されたお客様をご紹介いたします。

重ねた時にイニシャルと鳥が繋がる彫りを入れるため、太めで少し丸みのある形に決定いたしました。

奥様の指輪、外側には鳥の目になるダイヤモンドが入ります。イニシャルの左右にはタンザナイトとエメラルドが入り、色味がある指輪になったと思います。

彫りは一発勝負なので、沢山練習してから本番。

スパチュラという細い刃物を使ってワックスを彫っていきます。

難しい作業ですが、器用な奥様が仕上げて二重になることなく綺麗に彫れました。

貴金属は奥様がプラチナ、ご主人様はホワイトゴールド決定!

IMG_2648

練習も含め工程は多くて大変ですが 、お二人らしいオシャレな結婚指輪になったと思います。

お二人にとって素敵な思い出になったら幸いです。

楽しい時間をありがとうございました!

1209a