つちめデザインの結婚指輪

皆様、こんにちは(^ ▽^)
結婚指輪手作り.com大阪店の湯本です。

本日は大阪府よりお越しのお二人をご紹介致します。

デザインはお二人ともお揃いのつちめ(槌目)のデザイン。
金槌で叩いたような模様が特徴なつちめ模様。
作り手によって模様が異なり、まさに世界にひとつだけの指輪です。

素材はお二人ともプラチナ900。
奥様は表面にメレダイヤ1石。内側にエメラルド1石。
ご主人様は内側に1石。

デザインが決まったら、制作スタートです。まずは平打ちの指輪を制作していきます。
ワックスをお好みの幅に削っていきます。
お二人ともご自身の指に合わせながら、相談しつつ調節しておりました。
制作しながら変えれるのも手作りの醍醐味です。
幅ができたら次は厚みを整えます。
幅と厚みができたら、平打ちの指輪の完成です。

本番を制作する前に一度練習用のワックスで練習致します。

練習では大きいつちめ模様を作ってたご主人様ですが、本番は慎重に模様を制作されておりました。ずっと身につけていくものですので、本番になると慎重になっちゃいますよね!

奥様は練習同様迷いのない手つきでサクサクと削っておられ、大きめのつちめ模様を制作されておりました。最後に表面にメレダイヤをいれる場所を作って完成です。お疲れ様でした。

IMG_1507

金属になった結婚指輪がお手元に到着するまで、楽しみにお待ちくださいませ♪♪
本日はご来店ありがとうございました。

0527F